ヴィンテージマンションとは

我々、横浜空間スタッフが数多くのマンションを取材してきた中に、築年数が30年以上経過していても時代を感じさせない素敵なマンションを見てきました。

意思を持って残された住まい、偶然残された住まい。存在している過程の違いはあっても、『残っている』という事実に変わりありません。
しかし、意思を持って残された住まいには、デザイン性、安全性、機能性だけではない愛される魅力があります。

たとえ、最新の物と比べれば不自由なことがあったとしてもです。
もちろん、最新の住まいの快適性、省エネ性、安全性を否定しません。

ただし、暮らしやすさや満足感は人それぞれ。
私たちは長く住み続けられた住まいに魅かれ、愛すべきものに囲まれて日々を過ごしたいと思っています。

ヴィンテージマンションに暮らす多くの方が残すべきところを見極めながら、リノベーションを楽しみ大切に継承されています。 

このようなマンションを横浜空間独自にヴィンテージマンション図鑑としてまとめてみました。



ヴィンテージマンション定義
◎竣工後30年以上経過している
◎時代を感じさせない高いデザイン性
◎老朽化に対応した建物・設備の修繕(アップデート)
◎行き届いた管理体制
◎住人の価値観の共有
◎住まいに愛着を持てる
◎資産価値が下がりづらい